sees ブロックチェーン開発 SDK

シーズブロックチェーン+開発用API+開発サポートをワンパッケージにしてご提供!

Seesブロックチェーン開発SDK
サービス概要
OUTLINE

世界的に産業用途でのブロックチェーン活用が認知され開発案件も徐々にではありますが急速に増えてきております。しかしながら、ブロックチェーンシステムを開発可能な技術者が圧倒的に少なく、高まるニーズに開発が追いついておりません。

そこで産業用ブロックチェーンとブロックチェーンIoT分野でリーディングカンパニーを目指す株式会社シーズは、「誰でも手軽にブロックチェーンアプリケーションを開発できる実用的なブロックチェーンSDK」を提供することにいたしました。世界で初めてブロックチェーン開発用APIを独自開発し、シーズブロックチェーンと開発サポートをワンパッケージ化して提供いたします。

Webアプリケーション開発が行える技術者であれば誰でもブロックチェーンアプリケーションをプログラミング可能で、実績が無くてもブロックチェーンシステムの受注が可能となり、どこよりも早く納品でき利益率もアップいたします。

Seesブロックチェーン開発SDKサービス内容

流れ

①ブロックチェーン構築支援

・ブロックチェーンノードの構築
・スマートコントラクトの開発・調整・デプロイ
・監視用バックヤードシステム構築

②ブロックチェーンWeb-APIの提供

・基本的なWeb-APIサーバーの構築
・開発用オンプレサーバーの構築
・必要に応じてWeb-APIのカスタマイズ及び追加

③Webアプリケーション開発サポート

・Webアプリケーション開発サポート
・監視システム構築サポート

Seesブロックチェーン開発SDK
サービス活用のメリット
MERIT

  • ・ブロックチェーン技術が無くてもブロックチェーンシステムの開発受注が可能になります
  • ・アプリケーションを自社内で開発できますのでソフトウェア資産やノウハウの流出を防げます
  • ・ブロックチェーン開発は技術者が不足しているため高収益化が図れます
運命波学 6つの気質

Seesブロックチェーン
開発用APIの概要

シーズブロックチェーン開発用APIはRESTで構成されていますので
自社開発のアプリケーションに簡単に組み込むことが可能です
ブロックチェーンの技術が無くても
ブロックチェーンアプリケーション(DApps)が構築できます

データ記録・更新 POST/PUT
様々なファイルも添付できるAPIで、ファイルは分散ファイルシステム内に格納され、そのメタデータとともに残りのデータをブロックチェーンに記録・更新することができます
データ取得 GET
分散ファイルシステムに格納したファイルとブロックチェーンに記録したメタデータを取得することができます
データ削除 DELETE
内部に格納・記録された各種データは消えませんが、分散ファイルシステムに格納したファイルとブロックチェーンに記録したメタデータへのアクセスを禁止することができます
履歴データ取得 GET
アカウントを指定して、これまでに記録してきた履歴情報を取得することができます
公開鍵記録・更新 POST/PUT
暗号化に使用する公開鍵を記録・更新することができます
暗号化データの共有時に使用します
公開鍵取得 GET
暗号化するデータを共有したいときに、開示したい相手の公開鍵を取得し暗号化します
残高取得 GET
暗号資産の残高を、アドレスを指定して取得することができます
(暗号資産を作成・使用する場合)
送金 POST
送金元と送金先のアドレスを指定して、送金することができます
(暗号資産を作成・使用する場合)
  • ※記録するデータは基本jsonで取り扱います。リクエスト時の認証は、設置するデータセンター(AWS等)によって変更されます。
  • ※その他関連したAPIが複数あります。データ記録は、レコードとファイルが可能です。各リストの取得APIもあります。

PAGE TOP