IoTをブロックチェーンで推進する株式会社シーズ
個人間信用保証取引(P2P)をブロックチェーンで無人化を実現する株式会社シーズ
ブロックチェーン導入支援
建売ブロックチェーン
ブロックチェーンマーケット
ブロックチェーン学習ツール箱庭システム
ブロックチェーン事業 株式会社シーズ(sees) ブロックチェーンサービス事業 株式会社シーズ(sees) ブロックチェーンIoT事業 株式会社シーズ(sees) ブロックチェーン学習ツール Sees箱庭システム ブロックチェーンナビ ブロックチェーンWeb新聞 >StartUp Issue スタートアップを目指すベンチャー企業の応援サイト
情報技術開発(tdi)と資本&事業提携いたしました 2019.05.13
2019年5月13日付け株式会社シーズは、情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区 代表取締役社長:三好一郎 以下、tdi)より第三者割当増資による出資を受け...続きはこちら»
増資のお知らせ 2019.03.18
2019年3月16日株式会社シーズは、ブロックチェーンサービス事業の創設推進に伴い、第三者割当増資により1200万円の増資を行いました。これにより、資本金は...続きはこちら»
ブロックチェーン情報サイトをオープン 2019.02.04
2019年2月4日株式会社シーズは、ブロックチェーンサービス事業の一環としてブロックチェーンのWeb新聞「ブロックチェーンナビ」をオープン致しました。当サイ...続きはこちら»
ブロックチェーンサービス事業を創設 2019.01.28
2019年1月28日株式会社シーズは、2018年3月に創設したフィンテックソリューション事業を改称し、ブロックチェーンサービス事業として事業内容をブロックチ...続きはこちら»
役員変更及び増資のお知らせ 2019.01.21
2019年1月15日株式会社シーズは、昨年3月に来るフィンテック全盛期を見据えて、これまでのオウンドメディア事業に加えて、新たにフィンテックソリューション事...続きはこちら»
ブロックチェーン推進協会(BCCC)に加盟 2019.01.16
2019年1月15日株式会社シーズは、ブロックチェーン事業の推進を加速する目的で、同業者と技術・ノウハウの共有、及びビジネスのコラボレーションを推進するべく...続きはこちら»
建売ブロックチェーンのLPをオープン 2018.11.01
2018年11月1日株式会社シーズは、ブロックチェーン事業の中核を成す「ブロックチェーンマーケット」サービスをサイトオープンと同時に始動致しました。このほど...続きはこちら»
建売ブロックチェーンのシンガポール販売代理店契約を締結 2018.10.29
2018年10月23日株式会社シーズは、シンガポールに本店を構えるNRキャピタルと、ブロックチェーン事業の中核を成す「ブロックチェーンマーケット」サービスの...続きはこちら»
ブロックチェーン学習ツールのシンガポール販売代理店契約を締結 2018.10.29
2018年10月23日株式会社シーズは、一般社団法人フィンテック研究振興協会によって開発された、「ブロックチェーン学習ツール」の総販売代理権を取得し、国内外...続きはこちら»
ブロックチェーン学習ツールの総販売代理権を取得 2018.10.17
2018年10月17日株式会社シーズの関連企業である、一般社団法人フィンテック研究振興協会によって汎用ブロックチェーンの開発と並行して開発されてきました、「...続きはこちら»
ブロックチェーンマーケットを創設 2018.09.25
2018年9月25日株式会社シーズは、過日新設したブロックチェーン事業の中核を成す「ブロックチェーンマーケット」サービスを創設し、本日始動いたしました。また...続きはこちら»
ブロックチェーン事業を創設 2018.09.20
2018年9月20日株式会社シーズは、関連会社である一般社団法人フィンテック研究振興協会が企画開発した汎用ブロックチェーンをベースとした「ブロックチェーン導...続きはこちら»
役員増員のお知らせ 2018.09.20
2018年9月20日株式会社シーズは、今3月に来るフィンテック全盛期を見据えて、これまでのオウンドメディア事業に加えて、新たにフィンテックソリューション事業...続きはこちら»
仮想通貨決済システムをリリース 2018.08.29
2018年8月29日株式会社シーズは、仮想通貨による自動決済を行えるシステムを構築しリリースいたしました。本仮想通貨決済システムは、管理者を介さずウォレット...続きはこちら»
フィンテックソリューション事業を創設 2018.03.12
2018年3月12日株式会社シーズは、フィンテックソリューション事業を創設し、この度本格始動いたします。当社は、これまでのF5オウンドメディア事業に加えて、...続きはこちら»

ページトップへ